ノロウイルスに注意を             高栁 孝行先生

 

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は年中発生しますが、特に冬期に多く、感染力が強く集団感染や食中毒を起こしやすいものです。

 症状は感染後2448時間で下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、発熱などがみられますが、通常は2~3日で回復します。しかしウイルスは感染してから1週間ほどは便中に排泄されますから周囲に感染を広めないためにも手洗いなど十分な注意が必要です。又感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあり、保菌者として病原体を排泄して感染源になってしまうこともあります。乳幼児や高齢の方は脱水に注意する必要があります。

 

 予防・対策としては、①患者の糞便や嘔吐物の適切な処理(診療の際に相談してみて下さい) ②ドアノブなど室内の消毒や換気 ③食材の加熱(85度以上、1分以上)や食器の滅菌など。勿論十分な睡眠や栄養バランスの摂れた食事と体調を整え、普段から免疫力を高めておくことがだいじです。

E-mail

:oodo3214@gmail.com

 

〒377-0931

群馬県吾妻郡東吾妻町大戸13-1

医療法人坂上健友会 大戸診療所

TEL:0279-69-3214

FAX:0279-69-2029

(理事長:髙栁)

 

 

〒377-0931

群馬県吾妻郡東吾妻町大戸13-1

訪問介護ステーションおおど

TEL:0279-69-3473

(管理者:綿貫)

〒377-0931

群馬県吾妻郡東吾妻町大戸15-1

おおど介護支援センター

TEL:0279-69-3344

FAX:0279-69-2200

(管理者:原田)

 

〒377-0931

群馬県吾妻郡吾妻町大戸15-1

デイサービスセンターおおど

TEL:0279-26-3434

FAX:0279-69-2200

(管理者:高橋)